研究交流棟の利用案内


食品研究センターでは、食品業界の開発を支援するため、平成12年度から研究交流棟の新設を契機として、開放研究室3室、分析機器、製造実験設備の貸出しを行っています。
平成29年度は、貸付件数136件、貸付時間600時間の利用実績となりました。
食品製造装置や食品分析機器を利用して、より安全、安心、健康、機能性のある製品開発をサポートいいたします。

研究交流棟の主な役割
 @開放研究室(3室)の貸付
 A食品製造機器、分析機器の貸付
 B各種技術講習会の開催

開放研究室の貸付
 @研究室の規模 : 約20m2
 A利用料金    : 13,100円/月(電気、ガス、水道、清掃費は実費)
 B自社の小機器の持参可

当センターの貸付機器(一覧)平成30年4月1日改訂

主な機器

研究交流棟

本館・工場棟

  高性能アミノ酸分析装置
  糖分析装置
  有機酸分析装置
  香気成分回収分析装置
  走査電子顕微鏡元素分析システム
  小型生産用凍結乾燥機
  プレハブ調湿庫、など
  マルチタイプICP発行分光分析装置
  食物繊維自動抽出装置
  ガスクロマトグラフ
  製菓製パン用電熱窯
  高温高圧調理殺菌装置
  大型送風定温乾燥機
  水分活性測定装置、など

●相談・連絡先

貸出機器・開放研究室についてご不明な点、借入のご相談がございましたら、食品工学科までお問い合わせください。電話 0256-52-3267

食品研究センターのTop Page

Copyright (C) Niigata Agricultural Research Institute Food Research Center