大豆の中耕・培土作業を省略できる 耕うん同時畝立て狭畦無培土栽培法  栽培科水田高度利用

タイトル 大豆栽培における、「耕うん同時畝立狭畦無培土栽培法」について、手法と効果について紹介します。
大豆栽培の問題点 近年は1経営体当たりの大豆作付面積は増加傾向にあり、計画的な栽培管理が必要となります。
管理作業の一つ「中耕・培土」作業では、作業時期が梅雨にあたってし まい、培土が遅れがちになります。
培土ができないと、大豆生育の促進が出来ないだけでなく、雑草が繁茂し、収量低下につながる恐れがあります。
耕うん同時畝立て狭畦無培土栽培 今回報告する「耕うん同時畝立狭畦無培土栽培」は、「狭畦」とある通り、畦(条間)を狭めて栽培する方法です。
すると大豆自身の被覆が早まり、慣行栽培よりも早期に雑草抑制効果を確保することができます。
またそれにより中耕・培土作業をしなくても雑草を抑えられるため、管理作業の省力化にもつながります。
ねらい 本成果では、新潟県で奨励されている大豆品種「エンレイ」及び、「あやこがね」における、耕うん同時畝立狭畦無培土栽培技術の確立を図りました。
なお、「耕うん同時畝立狭畦無培土栽培」は、ここから以降は「畝立狭畦栽培」と表記させていただきます。
アップカットロータリーによる平高畝形成 狭畦栽培では、大豆自身による早期の被覆が重要です。
しかし粘土質の強い水田地帯で大豆を栽培することが多い新潟県では、水はけが悪く大豆が湿害を受けたり、土が細かくなりにくく大豆が出芽しにくかったりして、欠株が生じやすい問題があります。
そこで、畝立狭畦栽培のように、アップカットロータリにより平高畝を形成することで、湿害を回避し、また砕土率が高まることで出芽が安定し、被覆力を確保できます。
平高畝上に播種する大豆の条間は、ロータリの幅によって多少の調整が必要ですが、スライドの例を参考に設定してください。
エンレイにおける適正栽植密度 大豆品種「エンレイ」で、様々な栽植密度で畝立狭畦栽培を実施した時の、成熟期の生育結果を示します。
倒伏程度をみると、狭畦17.8株/m2の試験区では、慣行栽培の区よりも倒伏しやすい結果となりました。
畝立狭畦栽培でも地面にのしかかる程の倒伏を招くと、収量や品質の低下につながってしまうため、倒伏を招くことは厳禁です。
そのため、エンレイによる畝立狭畦栽培の適正栽植密度は、本結果から9〜13株/m2程度であると考えられました。
あやこがねにおける適正栽植密度 次に、「エンレイ」よりも耐倒伏性が強い大豆品種「あやこがね」の、畝立狭畦栽培の成熟期生育結果を示します。
倒伏程度はどの栽植密度でも、慣行栽培の区とほぼ同等程度の倒伏となり、「あやこがね」では密植にしても倒伏の影響が小さいことが伺えました。
次に収量をみると、狭畦13.3株/m2以上の区になると、慣行栽培の区より収量が上がっていきます。
以上のことから、「あやこがね」による畝立狭畦栽培の栽植密度は、増収効果が期待できる点で、13〜26株/m2の設定も可能であると考えられました。
成熟期の生育、収量 「エンレイ」畝立狭畦栽培を、現地の生産者の水田転換畑で実施した結果です。
畝立狭畦栽培での栽植密度を10〜13株/m2に設定して実施した結果、転換畑初年目の3地域では倒伏程度が慣行栽培とおよそ同程度となり、収量も慣行栽培並かそれ以上を確保できました。
しかし、転換畑2年目で畑地化が進み、大豆生育が大きくなりやすい条件であった、柏崎の現地圃場では倒伏程度が「甚」となって地表にのしかかる程に倒伏し、結果、収量が減少してしまいました。
連作圃場や地力が高い圃場、または、5月下旬の早い播種時期などで、大豆の生育が旺盛となりやすい条件では、「エンレイ」の畝立狭畦栽培は疎植条件にするか、畝立狭畦栽培の導入を見直す必要があります。
雑草の多発生 畝立狭畦栽培は、中耕・培土を省略しても雑草発生を抑制すると前述しました。
しかし、初期の除草剤の使用を怠ると、畝立狭畦栽培といえども雑草は多発します。
畝立狭畦栽培は条間が従来よりも狭いため、手取り除草にも入りにくく、結果、減収や汚損粒の発生につながります。
雑草害回避のために必要な作業 畝立狭畦栽培において雑草害を回避するために、播種直後の土壌処理除草剤散布、及び播種後30日以降の茎葉処理除草剤散布は必ず行ってください。
なお、除草剤の使用は登録内容を遵守してください。
株元遮光効果 大豆群落内の遮光効果の結果です。
表の縦軸にある「相対PAR」とは相対照度のことを示しており、この数値が低いほど地表に光が届く割合が少なく、大豆による被覆効果が高いことを示します。
播種50日後には、畝立狭畦栽培のどの栽植密度も、慣行栽培よりも相対照度が低く、大豆による被覆効果が高いことが分かりました。
また、相対照度が10%以下になると、地表面に生える雑草が十分に抑制されます。
このことから畝立狭畦栽培は播種50日後頃に、雑草が生育できない状態にできるようになります。
雑草発生動態 畝立狭畦栽培による雑草抑制効果の結果です。
畝立狭畦栽培では中耕・培土が入りませんが、大豆の被覆効果により、播種80日後以降には雑草の乾物重は畝立狭畦栽培の方が少なくます。
大豆の播種80日以降は子実の肥大・登熟期間に当たり、この時期に雑草との養分競合が緩和されることで、良品質な大豆が得られやすくなることが考えられました。
主要作業計画 畝立狭畦栽培の作業計画のポイントとして、播種時期は6月上旬から中旬に行います。
このとき、土壌処理除草剤も散布します。
播種1ヶ月後頃になりましたら、茎葉処理除草剤を散布します。
その後は慣行栽培と同様に適期の病害虫防除、収穫作業を行います。
畝立狭畦栽培は中耕・培土が省略できますが、適期に除草剤を散布することが重要な技術となります。
留意点 畝立狭畦栽培を導入するに当たり、平高畝の幅(アップカットロータリの幅)と、薬剤散布用の乗用管理機のタイヤの間隔が一致することを確認してから取り組んでください。
平高畝上の肩幅間際の大豆株は地耐力が低く倒伏しやすいため、畝幅に合わせた条間、または列に設定してください。
留意点2 畝立狭畦栽培の除草管理は除草剤の散布のみとなります。
そのため除草剤が効きにくい雑草が多発する圃場での畝立狭畦栽培は、雑草が蔓延する危険が高いので、技術導入を見送り、雑草の根絶を図ってから取り組んでください。

>>平成27年度主要成果解説のページに戻る

>>ホームページに戻る