令和元年度新潟県農業総合研究所作物関係研究成果発表会を開催しました

 作物関係の主要な研究内容を中心に最新の技術情報を提供するため、作物関係成果発表会を7月8日(火)に農業総合研究所大会議室で開催しました。農業者、JA等関係団体、関係機関から約70名の方に参加いただきました。発表内容は、令和元年度の公表成果として、「新之助」の全量基肥施肥、もち性大麦「はねうまもち」の生育特性、斑点米被害の発生リスクなど、作物関係の研究成果8題と情報提供3題について紹介しました。また、発表会終了後に、試験ほ場の案内を実施しました。

 
 参加者の皆様には、お忙しいところ、多数ご参加いただき大変ありがとうございました。ご不明な点等がございましたら、研究成果情報に記載の連絡先までお問い合わせください。
 これからも県農業の発展に貢献する研究機関として、現場ニーズに即した技術開発に一層励みますので、今後ともご支援をよろしくお願いいたします。

 

2019年07月09日