生産工学チーム


 食品製造工程において、原材料に含まれる栄養や機能性成分、味の損失を低減したり、製品の付加価値を高める加工技術の開発や、省エネルギーにつなげるため、従来の方法よりもエネルギー効率の良い加工方法の開発を目的として研究を行っています。  そのために、加熱、冷却、加圧、粉砕、乾燥、分離等の工学的な基本技術の他に、超高圧処理、過熱水蒸気など比較的新しい技術の利用方法の検討を行っています。  最近では、米菓の主要な食感の一つである「硬さ」の定量的な評価方法の開発や食用菊のガク取り装置、大豆脱皮機などの装置開発を行っています。

米菓の硬さを測定

米菓の硬さを測定


食品研究センターのTop Page