地下水位制御システム(FOEAS)を導入した粘土質ほ場における水稲・大豆の高品質安定栽培のための水管理法  農業総合研究所基盤研究部

タイトル 近年、水田の地下水位制御が可能なシステムが開発され、新潟県にも導入されつつあります。
このシステムを利用した粘土質なほ場での水稲・大豆の栽培法について紹介いたします。
地下水位制御システムFOEAS 今回紹介します、地下水位制御システム「FOEAS(フォアス)」は農業・食品産業技術総合研究機構と(株)パディ研究所が開発したものです。
暗渠排水と地下かんがいを両方の機能を備え、作物の種類・生育に合わせた地下水位の調整が可能です。
FOEASのイメージ図 給水管を通じて本暗渠に用水を導入し、地下水位制御器で水位をコントロールします。
従来の暗渠とFOEASの違い 暗渠管と直交して施行されている補助孔(弾丸暗渠)を通じて、横方向にも速やかに水を行き渡らせることができます。
降雨後の田面状況 横方向に細かく施行した補助孔により、地表水は降雨後も速やかに排水されます。
地下かんがいの状況 また、この補助孔を通じて、地下からのかんすいは速やかにほ場全体に行き渡ります。
シミュレーション結果 しかしながら、新潟県に多く分布している粘土質土壌の場合、土壌水分の移動が緩慢であり、地下かんがい時の給水位の設定が重要となることがシミュレーションの結果わかりました。
中干し後の水管理 そこで水稲中干し後の飽水管理を行うときには、一時的に地表かんがいを併用して水を行き渡らせてから地下かんがいを行ってください。
地下水位の推移 一時的な地表かんがいと地下かんがいにより、水稲に必要な地下水位を維持できます。
FOEAS水管理による水稲の根の分布と土壌硬度 地下水位制御システムにより、水稲の根は深く分布する傾向があります。
また落水時には速やかに排水するので、収穫の際、コンバイン作業が十分可能な地耐力が確保できます。
収量・品質 本システムにより中干し後の土壌水分を適切に保つことができますので、収量・品質の向上が期待できます。
ただ、天候により地下かんがいだけでは土壌水分を保つことができない場合がありますので、前で述べたように地表かんがいを併用してください。
大豆の水管理 梅雨明け後の大豆の水管理については、土壌が乾燥していますので、一時的に地下水位設定を田面下20cmにして、補助孔に水を行き渡らせてください。
その後、地下水位設定を田面下30cmにして土壌水分を維持します。
大豆ほ場地下水位の推移 この方法により、最適な地下水位を維持でき、干ばつ時の地表かんがいを省略できます。
大豆の収量・大粒比率 地下水位制御を行うことにより、地表かんがいが省略でき、安定生産が図られます。
ご清聴ありがとうございました

>>平成27年度主要成果解説のページに戻る

>>ホームページに戻る