コシヒカリの有機入り肥料栽培における出穂期前に緊急追肥が必要なSPAD値のめやす  栽培科高品質栽培

タイトル
背景・ねらい 高温登熟下で発生する基部未熟粒は栄養不足が要因としてあり、窒素追肥で発生を抑えられますが、玄米タンパク質含有率が高くなってしまいます。
そこで、玄米タンパク質含有率が6.0%程度で、基部未熟粒の発生を抑える有機入り肥料での穂肥診断方法を検討しました。
背基白粒 登熟期に栄養不足で、高温に遭遇すると玄米の背中側や基部が白く濁る未熟粒が発生します。
平成25年度の研究成果 平成25年度に化成肥料での成果を発表しました。その時の追肥の判断基準は出穂期前のSPAD値が31以下で、出穂期3日前に窒素で1kg/10a施用します。
今回の成果 今回の成果では、有機入り肥料の場合の追肥の判断基準は、出穂期6日前のSPAD値が33以下で、その場合、出穂期3日前に窒素成分で1kg/10a施用します。
基部未熟粒率との関係1 具体的なデータです。 追肥をしない場合、出穂期6日前のSPAD値が低いほど基部未熟粒が多くなりますが、追肥をすると発生が抑えられます。
SPAD値が33を超えている場合は追肥をしなくても基部未熟粒の発生は少ないので、追肥は必要ありません。
基部未熟粒率との関係 追肥をする時期は出穂期3日前が安定して基部未熟粒率を低下させる効果があります。
玄米タンパク質含有率との関係1 追肥をすると玄米タンパク質含有率が高まる傾向があります。
玄米タンパク質含有率との関係2 出穂期の追肥では窒素成分で1kg/10aでも玄米タンパク質含有率が6.5%を超える場合があり、出穂期3日前でも2kg/10aの追肥で6.5%を超える場合があるため、追肥時期は出穂期3日前で、追肥量は1kg/10aとします。

>>平成27年度主要成果解説のページに戻る

>>ホームページに戻る