佐渡農業技術センターのあらまし 

 佐渡における農業の試験研究は、明治12年雑太郡八幡村(さわだごおりやはたむら、現在の佐渡市八幡)に民間有志による播種場が設けられ、試験栽培や農産奨励などが行われたことに始まる。

 明治23年には金沢村中興に私立中興試験場が設立された。しかし、明治28年には日清戦争の経済緊縮により閉鎖されてしまった。明治31年には現在の場所に私立中興試験場が再発足し、以来組織機構面での変遷もあったが、常に佐渡地域に密着した試験研究を実施し、農業振興に寄与してきた。

明治12年

雑太郡八幡村に農事播種場が設立された。

明治23年

金沢村中興に私立中興試験場が設立された。

明治44年

郡に移管され、佐渡郡立農事試験場と改称。

大正12年

県に移管され、新潟県農事試験場佐渡分場と改称。

昭和25年

新潟県農業試験場佐渡分場と改称。

昭和35年

新潟県農業試験場佐渡支場と改称。

昭和50年

新しい構想と陣容のもとに新潟県離島農業技術センターとして発足。

昭和63年

新潟県佐渡農業技術センターと改称。

平成 9年

農業関係研究機関の機構改革に伴い、
新潟県農業総合研究所 佐渡農業技術センターと改称。



<職員>
センター長 ┬─ 庶務係長(兼務1) 主任(兼務1) 技術員(2)
├─ 作物(研究職員1)
└─ 園芸(野菜、果樹)(研究職員2)

<用地>
敷地 ほ場 総面積
88.24a ほ場計 399.52a  田     129.00a
 転換畑
 110.08a
 樹園地 160.44a
487.76a

<施設>
名称 面積 設置年月
プレアルミ温室
鉄骨温室
ミスト温室
順化室
園芸作業棟
組織培養研究棟

農業気象観測器材
 94.90m2
 66.11m2
100.70m2
97.80m2
112.62m2
119.49m2
一式 
昭和44年4月
昭和48年2月
昭和49年12月
平成2年11月
平成4年10月
平成5年11月
平成10年12月