活用技術 平成24年度
リン酸減肥栽培による水稲生育への影響
※PDF版はここをクリック→リン酸減肥栽培による水稲生育への影響

[要約]

 県内の一般的なグライ土壌で、リン酸施肥量を3.5kg/10a程度にしても、水稲の生育や収量、品質への悪影響は認められない。このリン酸減肥栽培は3ヵ年程度継続できる。

[背景・ねらい]

 肥料価格高騰を受けて肥料コストを節減するため、従来よりリン酸成分の少ない水稲用肥料が販売されている。そこで、現行の水稲栽培指針のリン酸施肥を半減して、水稲生育や収量・品質、土壌への短期的な影響を明らかにする。

[成果の内容・特徴]

  1.  県内の一般的な平坦地グライ土壌水田でのリン酸供給力は表1のようになり、リン酸施肥量の多少にかかわらず、リン酸改良目標値(トルオーグリン酸10mg/100g乾土)を満たしているか(長岡、佐渡)、還元により可給化する条間土壌ブレイUリン酸量が基準値(40mg/100g乾土)を上回り(旧中之島、旧巻、長岡)、土壌からの十分なリン酸供給が期待できる。
  1.  このようなほ場で、水稲栽培指針のリン酸施肥量(概ね7kg/10a)に対し、3.5kg/10a程度にリン酸施肥量を削減して水稲を栽培した場合、少なくとも3年間は水稲生育、収量、玄米品質への影響は見られない(表2)。
  1.  リン酸無施肥で栽培した場合は、水稲の収量や玄米品質は慣行施肥と同等となるが、土壌のトルオーグリン酸が減少する(表1、表2)。
  1.  リン酸施肥量を半量程度にした場合、肥料費は3割程度節減される。

[成果の活用面・留意点]

  1.  適用地帯は県内の一般的な平坦地グライ土壌である。冷水がかり水田では、初期茎数が低下する恐れがあるため減肥しない。
  1.  実際の減肥栽培では、全農等の土壌診断結果に基づき判断する。
  1.  ほ場からのリン酸持ち出し量は、稲わら全量すき込みを前提にした場合、籾部分の3.5〜4kg/10a程度(収量540kg/10aの場合)と推定される。

[具体的データ]

[その他]

研究課題名:1)環境と経営にやさしい化学肥料削減技術の確立
        2)細粒質低地土水田におけるリン酸減肥指針の策定
予算区分:1)県単特別、2)国委託
研究期間:1)平成21〜23年度、2)平成21〜25年度
発表論文等:なし
農業総合研究所作物研究センター 栽培科 連絡先 TEL 0258-35-0836
FAX 0258-35-0021
農業総合研究所佐渡農業技術センター 連絡先 TEL 0259-63-4102
FAX 0259-63-3972