活用技術 平成21年度

水稲栽培における基肥としての牛ふん堆肥利用法

    ※PDF版はここをクリック→水稲栽培における基肥としての牛ふん堆肥利用法

[要約]

 牛ふん堆肥を水田に春施用すると、堆肥に含まれるアンモニア態窒素相当量を基肥より減肥できる。

[背景・ねらい]

 牛ふん堆肥の水田での利用が進んでいるが、その肥料的効果は明らかとはなっていない。一方で近年の肥料価格の高騰から、減化学肥料栽培の確立が求められている。そこで基肥窒素を代替できる牛ふん堆肥の利用法を開発する。

[成果の内容・特徴]

  1. 牛ふん堆肥の堪水条件下での培養無機態窒素量(水田での窒素肥効量)は4週、10週とも堆肥中アンモニア態窒素(0週)とほぼ一致する(図1)。これは堆肥中アンモニア態窒素を基肥窒素として利用できることと、牛ふん堆肥の窒素は後効きしないことを示す。
  2. 春施用により堆肥に含まれるアンモニア態窒素相当量を基肥より減肥できる(表1、表2)。堆肥中アンモニア態窒素で基肥窒素を50%または100%代替した栽培法は化学肥料のみの栽培法と同等の生育・収量・品質が得られる(表1、表2の堆肥A、堆肥B)。
  3. アンモニア態窒素が極めて少ない堆肥は基肥窒素節減効果がない(表1、表2の堆肥C)。このような堆肥を施用する場合は通常量の基肥窒素を施用する。
  4. 減肥可能量は以下の計算式より求める。

    基肥窒素節減可能量(kg/10a)=通常の基肥窒素施用量(kg/10a)−堆肥施用量(kg/10a)×堆肥中アンモニア態窒素含量(kg/10a)

    堆肥施用量自体が多すぎると異常還元による生育阻害を招く恐れがあるので、施用量の上限は乾物500kg/10a程度とする。 

[成果の活用面・留意点]

  1. 本法はAD可溶有機物250mg/gDM以上の堆肥(通常未熟といわれている堆肥)には適用できない。
  2. 春施用後、すぐに耕起およびかん水を行う。
  3. 連用により地力窒素が増大するので、SPAD値等により生育を確認し、穂肥を加減する。
  4. 堆肥中アンモニア態窒素含量およびリン酸、加里は塩酸または硫酸抽出−小型反射式光度計で簡易に測定することができる。リン酸、加里も同様に減肥できる。
  5. 牛ふん堆肥のアンモニア態窒素含量はものによって大きくばらつくので、アンモニア態窒素を測定せずに通常量の化学肥料を施用した場合には過剰生育を招く恐れがある。

[具体的データ]

  1 牛ふん堆肥の30℃堪水条件下での培養無機態窒素量(窒素肥効量)


  1 堆肥中アンモニア態窒素を活用した施肥設計


  表2 上記施肥設計での生育・収量・品質

[その他]

研究課題名:農業環境規範に適合する家畜ふん堆肥の肥効評価システムの確立
予算区分:公募(実用化技術開発事業)
研究期間:平成18〜20年度
発表論文等:なし
農業総合研究所 畜産研究センター 生産・環境科 連絡先 TEL 0256-46-3103
FAX 0256-46-4865