平成16年度 農業総合研究所における研究課題とその内容 目次へ戻る

(研究方向と重点研究)
 農産物の市場原理の拡大に伴う農業経営の困難な状況や消費者の食の安全・健康指向など多様化する消費者ニーズに対応した新技術開発促進のため、次の基本方向を掲げて研究の重点的推進を図る。
1.複合経営の強化・推進のための技術開発
2.環境に配慮し、食の安全・安心を重視する技術開発
3.消費者が求める農産物の高品質・流通技術や低コスト安定生産技術の開発 

 研究開発を効率的、重点的に推進するため、研究推進基本方向に基づいて次の8部門を設置し、総合的視点から課題の検討や研究管理に努めるものとする。
1.複合営農推進のための技術開発
2.環境保全型農業推進のための技術開発
3.中山間・佐渡地域に対応した技術開発
4.バイオテクノロジ−活用技術開発
5.「新潟米」生産体質強化のための技術開発
6.園芸生産振興のための技術開発
7.畜産振興のための技術開発
8.食品産業振興のための技術開発

1 複合営農推進のための技術開発
 (1)大豆等土地利用型農作物の高品質安定生産・流通技術の開発
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
国委託
平14〜17

県単特別
平15〜17

 大豆の大規模生産における高品質安定生産技術の確立

・実需者ニーズに応える高品質大豆の安定性生産を図り、収穫期幅をさらに広げるための早生新品種「たまうらら」の栽培法、品質向上(大粒比率、タンパク含有率、豆腐加工適性)及び安定多収技術を開発する。

作物研、食品研、高冷地農技、佐渡農技
国委託
平16〜20
 「褐斑粒」原因ウイルスの遺伝子診断法の開発と効率・効果的な防除法の確立

・品質劣化要因の一つ褐斑粒の原因となる病原ウイルスを調査し、簡便で迅速な検出・診断技術、保毒種子率軽減技術を開発し、種子生産における効果的な防除法を確立する。
作物研

 (2)園芸複合経営が活用する生産・流通技術の開発
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
県単特別
平14〜16

 新しい食文化を創造する農産物のコミュニケーション型販売システムの開発

・農産物、食生活に関する情報提供管理システムと消費者からの情報の分析・活用システムを作り、双方向コミュニケーション型の情報サービスを付与した農産物販売システムを構築する。

基盤研究部、企画情報部

 (3)飼料イネ栽培等を導入した畜産複合経営が活用する生産流通技術の開発
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
国委託
平15〜19

 新潟県における飼料イネ-高品質大麦輪作システムの確立

・収益性の高い輪作体系と飼料イネの生産拡大を図るため、新たな飼料イネ専用種と大麦「ファイバースノウ」を輪作体系化し、飼料イネの飼料特性解明と飼料イネ跡大麦の高品質安定生産技術を確立する。

作物研、畜産研、基盤研究部

 (4)地域特産物生産導入による複合経営が活用する生産・流通技術の開発
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
県単特別
平14〜18

 地域流通を活かした複合営農推進のための水田高度利用技術の確立

・消費−生産連携視点の農産物の地域流通システムを構築し、売れる商品づく りに必要となる技術を開発、転換畑において大豆と野菜作を組み合わせた作付け 体系を確立する。

基盤研究部、園芸研
県単特別
平16〜18
 県産地鶏普及推進のための技術開発

・県で初めて完成した地鶏を普及し、地域活性化や複合部門としての所得向上を図るため、地鶏生産に適した栄養水準の解明と生産コストの低減、流通販売・加工製品の開発、PCRや呈味センサー等を用いた地鶏肉判別技術の開発を行う。
畜産研、基盤研究部、バイオ研究部、食品研

 (5)複合経営が活用できる食品加工・流通技術の開発
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
県単経常
平12〜16

 革新的な農業ビジネスの展開方向の解明

・水田作経営者のビジョン、ニーズ及び消費者ニーズを把握し、経営戦略を体 系化して、生産、販売、加工、サービス等多角的、企業的農業ビジネスの展開方 向を明らかにする。

基盤研究部


2 環境保全型農業推進のための技術開発
 (1)安心・安全農業の推進のための減農薬、農薬代替等の技術の開発
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
県単経常
平13〜17

 園芸作物病害虫の発生生態と防除技術

・土壌やせん定した枝などに潜在して防除の難しい病害虫や、他県からの侵入 により新たに問題化するアザミウマ類などの病害虫の防除技術を耕種面の改善も 含めて検討し、確立する。

園芸研
県単経常
平13〜18

 園芸作物の栄養生理と施肥の合理化 

・環境保全型農業において土壌汚染の防止やバランスの良い土壌管理の面から 必要とされる肥料の使用低減のため、作物の栄養生理面と緩効性肥料など新資材 応用面の双方から技術確立を図る。

園芸研
県単特別
平14〜16

 稲の病害虫省農薬防除技術の体系化と実証 

・コシヒカリILの利用、育苗期に人工種子を使った防除方法等を組み合わせて 広域的に農薬の使用を大幅に低減した栽培を体系化し、低コスト生産、環境負荷 軽減を確立する。

作物研、佐渡農技
県単特別
平15〜19

 野菜生産における環境保全型生産技術の総合体系化 

・野菜作における環境保全型農業を推進するため、微生物農薬等の新資材と既存開発技術との組み合わせにより、減農薬・減化学肥料栽培を実践できる総合体系化技術を確立する。

園芸研、高冷地農技、佐渡農技、基盤研究部、中山間地農技
県単特別
平16〜18
 「いもち病に強いコシヒカリ」の安定・継続的利用技術の確立

・多犯性の新レースの増殖を抑制するような系統の組み合わせや混合比率、その変更時期等を明らかにして、「いもち病に強いコシヒカリ」の発病抑制効果を維持し継続的な利用を可能とする。
作物研

 (2)循環型農業推進のための未利用資源等のリサイクルシステムと堆肥評価技術の開発
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
県単特別
平12〜16

 有機物資源の地域内循環システムと有機農産物等の生産技術の確立 

・生産者、消費者が合意できる畜廃、食品産業廃棄物、家庭生ゴミの地域内循 環システムを確立し、県有機農産物(野菜)等の認証制度に対応した栽培技術( 堆肥施用、病害虫防除)を開発する。

基盤研究部、園芸研、畜産研
国委託
平12〜16

 家畜ふん尿堆肥成分の簡易測定技術の開発(21世紀エコ) 

・家畜ふん堆肥、生ごみ堆肥等を用いて、BOD評価、無機化率測定、動植物生産試験等を行い簡易・迅速な堆肥の腐熟度、窒素・リン肥効率の評価指標を開発する。

園芸研、畜産研

 (3)環境負荷軽減推進のための減化学肥料、有機質肥料施用技術の開発
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
国委託
平15〜19

県単特別
平15〜17

 主要農産物のカドミウム吸収抑制技術の開発

・土壌のカドミウムリスク評価と、それに基づき水稲、ダイズについて土壌のカドミウムレベルに応じた吸収抑制技術(湛水管理法、土壌改良資材の施用法、生物土壌修復技術等)について検討する。16年度からは主要野菜品目について吸収抑制技術の検討を加える。

基盤研究部
県単経常
平16〜18
 迅速土壌・栄養診断法に基づく効率的土壌管理技術の開発

・環境保全型農業の推進のために、土壌診断・栄養診断に基づく無駄のない肥培管理が求められている。本課題の迅速栄養診断手法の確立により「栽培期間中に」・「圃場で」・「瞬時に」診断が可能となり、素速く肥培管理に反映することが可能となる。
基盤研究部
県単経常
平16〜18
 田畑輪換を中心とした持続的輪作体系下における土壌管理技術の確立

・環境と調和のとれた持続的農業生産を推進するには、土壌実態に基づく適切な管理が必要である。そこで、水田の汎用利用に伴う有機物収支からみた土壌が必要とする有機物の種類、適切な施用量を明らかにする。
基盤研究部
県単特別
平16〜20
 生物的・耕種的手法を利用した病害発生制御技術の開発

・農作物栽培の化学合成農薬への依存度を軽減するため、有用微生物、植物の他感作用等を利用した生物的・耕種的防除法を開発し、水稲育苗期と園芸作物の病害の効果的な防除技術を確立する。
基盤研究部、作物研、園芸研
国委託
平16〜19
 ドリン系農薬汚染土壌の総合管理技術の開発

・30年前に使用禁止となったドリン剤が、低レベルながらいまだに残留し、キュウリでは一部で残留基準値を超えている。このため、ドリン剤の土壌濃度軽減、キュウリの吸収抑制技術等を確立する。
園芸研

3 中山間・佐渡地域に対応した技術開発
 (1)地域特産物の高付加価値化のための生産技術・販売システムの開発
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
県単特別
平14〜16

 山菜等有望特産物の生育特性解明と生産システムの確立

・地域に自生する未利用山菜類を活用し、中山間地向けの新規特産品として創出するための生産システムを確立する。

中山間農技、基盤研究部、食研、高冷地農技、(森林研)

 (2)中山間地の自然と地域資源を活した特産作物の栽培技術や加工・流通技術の開発
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
県単経常
平16〜18
 中山間地域特産園芸品目の高品質安定生産技術の確立

・中山間地域の重要品目であるスイカ・カリフラワーの生産向上新技術の開発、新規有望品目ブルーベリーの多雪地向け優良品種の選定、およびヒガンバナによる野鼠害回避効果を検証し、中山間地域の園芸振興を支援する。
中山間農技
県単経常
平14〜16

 観光ニーズに対応したおけさ柿の高品質・高付加価値化栽培技術の確立

・佐渡の重要な観光資源であるおけさ柿を高品質で、安定して供給する栽培技術を、気象と生育・樹勢の関係などから明らかにする。

佐渡農技
県単経常
平15〜17

 雪等の地域資源利用による地域特産品の差別化技術の開発

・山間多雪地帯の特産品開発をねらって、地中冷房による夏秋生産イチゴなど、雪や融雪水の新しい利用技術を開発する。

高冷地農技
県単特別
平14〜16

 地域在来品種の特性把握と特産化に向けた技術開発

・佐渡・中山間地域の在来種(サトイモ、小豆、柿、エダマメ等)の収集を行 い、栽培特性の把握、加工特性の検討を行う。

佐渡農技、園研、食研
県単特別
平15〜17

 中山間地域の複合営農確立に向けた1・2年草及び宿根草切り花等の栽培技術の開発

・中山間地域特有の自然条件を活かした複合営農を推進するため、雪ムロ、簡易施設等を活用したストック、ヒマワリ等の1・2年草及びリアトリス、ヒメヒマワリ等の宿根草切り花の栽培技術を開発する

高冷地農技、中山間地農技、園芸研
県単特別
平16〜18
 高標高畑における高度利用を支援する新たな作付体系の確立

・高標高開発畑における新たな技術として、省力的な耕地保全技術、及びソバのアレロパシー活性を活用した輪作体系の確立や、夏秋イチゴの栽培技術の確立をを図る。
高冷地農技、中山間地農技、園芸研、基盤研究部

 (3)棚田等条件不利地や大規模開発農地の有効利用と営農体制の強化等に役立つ技術、及び農地の保全管理、有効利用、軽労働化技術などの研究開発

財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
県単特別
平15〜17

 グランドカバー植物を利用した中山間地農業の軽労化技術の確立

・中山間地域における畦畔法面の管理負担軽減を図るため、新規グランドカバー植物の選定と、「ヒメイワダレソウ」の省力育苗・雑草防除技術を確立する。

中山間地農技、基盤研究部

4 バイオテクノロジ−活用技術開発
 (1)細胞培養・遺伝子導入等のバイテク技術活用による新品種・系統、優良種苗の育成
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
県単経常
平14〜16
 品種間差異を克服した葯培養法の開発による水稲新品種育成 

・イネの画期的品種育成に要する年月短縮のため、最適な組織培養培地を開発 し、この培地を利用した改良葯(花粉)培養法を確立する。

バイオ研究部
県単経常
平14〜16

 バイオテクノロジーによる園芸作物の育種に不可欠な組織培養法の確立 

・新潟県の主力園芸品目(チューリップ、アザレア、エダマメなど)の画期的品種開発のために必要な、組織培養技術を開発・確立する。

バイオ研究部
県単特別
平14〜17

 染色体倍加、変異処理によるチューリップ、ユリの画期的品種の育成

・薬剤処理による染色体の倍加や、X線照射等による突然変異を利用して鑑賞性 の向上、各種形質を改善して高い価値を付加したオリジナル品種を育成する。

園芸研
県単特別
平15〜17

 DNAマーカーの利用による主要水稲品種のいもち病抵抗性ILの緊急作出

・消費者ニーズと低コスト・環境保全型農業の推進への対応を図るため、イネいもち病真性抵抗性遺伝子用DNAマーカーを利用し、水稲「こしいぶき」緊急IL化する。

バイオ研究部、作物研
県単特別
平16〜18
 花色改変遺伝子を導入したユリ等の作製

・花色を青等に改変したユリを作出するために、青い色素合成遺伝子を導入したユリの培養個体を作製する。閉鎖系温室整備後は、遺伝子導入個体の栽培を行い、形質及び安全性を評価する。
バイオ研究部

 (2)優良家畜の効率的増殖のための先端技術の開発
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
県単特別平14〜16

 バイテク手法を用いた受精卵培養法の確立

・高能力牛の生産拡大のためには、優良な受精卵を確保する必要があり、受精卵の品質、発育ステージに適した培養・保存法の開発と技法の簡略化を図る。

畜産研
県単特別平15〜17

 排卵同期化による受卵牛の効率的確保と受胎率向上技術の確立

・ブランド和牛と高能力乳用牛の生産拡大を図るため、生殖系ホルモン動態等を解明し、排卵同期化した受卵牛の効率的確保と新鮮卵等を活用した受胎率向上技術を確立する。

畜産研

 (3)生物生理作用機序・遺伝子解析の活用技術の開発
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
県単特別
平14〜16
 コシヒカリの良食味に関する遺伝情報の選抜マーカー化 

・コシヒカリの特徴である低タンパクなどの性質に注目し、それらに関する遺伝情報を読み取って、イネ育種上利用できる選抜マーカーとして開発する。

バイオ研究部
県単特別
平14〜16

 テロメラーゼ阻害を作用機序とする食品素材の研究・開発 

・ガン予防や細胞老化防止に関係する酵素であるテロメラーゼを阻害する活性を 持つ物質を含む機能性食品を検索し、その作用の仕組みを解明、食品加工に利用 する際の安全性等を評価する。

食品研

5 「新潟米」生産体質強化のための技術開発
 (1)「新潟米」の高品質・良食味安定生産技術の開発
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
県単経常
平13〜17

 優良種子の安定供給技術と発芽力迅速検定法の確立

・主要農産物の種子の休眠性、発芽性の機構及び年次・品種間差を把握し、優良種子の安定供給技術を確立する。

作物研
県単特別
平13〜16
 大豆跡水稲の安定栽培技術の確立と適応良質品種の早期開発

・水田の有効活用のため大豆跡コシヒカリの良質、良食味米生産技術を開発す る。また、大豆跡水稲で多発しがちないもち病に耐性のある良食味品種の選抜方 法を開発する。
作物研
国補事業
平14〜17
 予察に基づくアカヒゲホソミドリカスミカメ防除体系の確立

・水稲早生品種を中心に拡大傾向にある斑点米発生を防止するため、現在不明 なアカヒゲホソミドリカスミカメの発生生態を解明し、発生予察に基づく適期防除対策及び減農薬防除技術を確 立する。
作物研
県単経常
平15〜17

 佐渡産米の高品質及び環境保全型水稲栽培技術の確立

・佐渡地域の高品質米生産の実現と環境保全型水稲栽培技術を確立するため、品質低下の要因解明や島内の未利用資源や有機物の利活用について検討する。

佐渡農技
県単特別
平16〜19

国委託
平15〜19
 稲体の活力診断に基づく高温条件下での環境ストレス耐性評価

・非構造性炭水化物の分析で稲体の環境ストレス耐性を判定し、高温登熟条件下における栽培条件と品質低下要因を解明する。また、高温条件下での品質向上のための後期栄養管理法を確立する。
作物研
県単経常
平16〜18
 栽培環境の変動に対応した主要農作物の高品質栽培管理技術の改善

・水稲の高品質栽培新技術の開発、施肥技術の改善、優良種子生産技術の開発、及び市場性の高い畑作物の高品質安定生産技術の開発等、変動する栽培環境に対応できる技術開発を行う。
作物研
県単経常
平16〜18
 稲・麦・大豆の病害虫の発生生態と防除技術の確立

・本県の病害虫発生状況の変化に対応した被害回避技術を確立する。新たに発生の見られる害虫、薬剤感受性低下の認められる病害虫対策、減農薬栽培の拡大に伴う種子伝染病害対策を進める。
作物研

 (2)省力・低コスト・高収益生産技術の開発
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
県単経常
平12〜16

 低平地における自然圧を利用したパイプラインシステムの確立

・水利費等農家負担軽減のため、水田灌漑方式として普及が進んだパイプライ ン送水について、低平地で揚水機場不要な自然圧を利用した送水技術を確立する 。

基盤研究部
県単経常
平16〜18
 一筆毎の水稲生育診断と栽培管理システムの確立

・多様な消費者ニーズに対応した米作りが現在求められている。そこで生育を容易に把握できる技術を活用して一筆毎の生育情報を得て、地力やほ場の情報とあわせて目標とする米を生産する技術を確立する。
基盤研究部、作物研
県単経常
平16〜18
 無ハウス育苗による省力低コスト水稲栽培技術の開発

・密播無ハウス育苗の疎植栽培による育苗資材を削減した移植栽培技術を開発することによる高品質米の低コスト生産技術を開発する。
作物研、基盤研究部、佐渡農技

 (3)多様な需要に応える品種開発
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
県単経常
平9〜

 水稲の基幹品種の育成

・当県に適する良質・良食味、多収、耐病性で機械化適応性の高い優良品種を 育成する。

作物研

6 園芸生産振興のための技術開発
 (1)産地体質強化のためのブランド品目等の品種開発及び高品質生産技術の開発
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
県単経常
平14〜16

 消費ニーズに対応した園芸作物の高品質・作期拡大技術の確立

・本県の園芸生産を戦略的に拡大するために、ユリ、サトイモ、ネギ、ダイコ ン、ナシなどの新たな作型・技術を開発する。

園芸研
県単経常
平14〜21
 にいがた園芸生産の牽引役となるオリジナル品種の開発と優良品種の選定

・本県園芸品目の市場優位性を確保するため、メロン、チューリップ、イチゴ 、ネギ、ナシなどの新たなオリジナル品種を育成し、優良品種・種苗を選定する 。

園芸研
県単特別
平15〜17
 ブドウ白色系品種の高品質生産を実現する栽培技術の確立

・高級白色系ブドウ品種「ロザリオビアンコ」の銘柄確立と高品質・安定生産を図るため、ハウス内の温度管理方法、せん定管理技術、収穫適期判定基準等を確立する。

園芸研
県単特別
平16〜17
 新たな消費動向に対応したユリ切り花栽培技術の確立

・新たな消費動向(業務需要からホームユース等へ)に対応した品質の切り花生産のため、切り花品質のコントロール技術及び新しい種間交雑品種(LA、OTハイブリッド等)の栽培技術を確立する。
園芸研、高冷地農技、中山間農技
県単経常
平16〜18
 イオンビームを利用した“抽苔しにくい春夏ねぎ”の育成

・カルス培養とイオンビーム照射の組み合わせで突然変異を誘発し、越冬後に抽苔が少なく、春夏期に安定出荷でき、品質に優れた優良ネギ系統を作出・選抜する。ネギの連続出荷が可能となる。
園芸研、バイオ研究部
県単特別
平16〜18
 カキ新品種「朱鷺乙女」の成熟性の解明と収穫及び脱渋技術の開発

・「朱鷺乙女」専用果実収穫用カラーチャートの作成と、これを利用した高品果実収穫技術、並びに果実脱渋特性の把握と脱渋後の糖度や日持ちを慮した脱渋技術を開発する。
園芸研、食品研

 (2)施設園芸の競争力強化技術の開発
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
県単経常
平15〜17

 果菜類の養液栽培における低コスト栽培技術の開発

・果菜類(トマト、メロン)を対象に、低コストで簡易な養液栽培技術を開発するため、被覆肥料利用技術、長期獲り養液栽培技術等を開発する。

園芸研

 (3)園芸作物の低コスト生産・軽労働化技術の開発
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
国委託
平14〜16

 にいがた園芸3割アップを支援する生産技術の確立

・高収益・周年型の園芸生産を省力に安定して実現するため、新潟園芸におけ る主要作物・品目の低コスト安定生産技術を確立する。

園芸研、高冷地農技、中山間農技

 (4)輸入野菜等に対抗できる高品質・高付加価値生産流通技術の開発
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
県単特別
平15〜17

 クリスマスイチゴ「越後姫」を実現する高品質安定生産技術の確立

・イチゴ「越後姫」栽培農家の所得向上を図るため、超促成栽培により12月に高品質出荷を実現できる高設栽培技術を確立する。

園芸研

7 畜産振興のための技術開発
 (1)安全・高品質畜産物生産、低コスト飼養管理技術の開発
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
県単経常
平14〜16

 乾乳期間の飼養管理技術の確立

・乳牛が次の子を産むまでの、搾乳をしない期間の飼養・栄養管理方法を確立することで、出産前後に多く生じる事故(病気等)を防ぐ技術を開発する。

畜産研
県単経常
平15〜17

 母豚の授乳期における栄養管理と環境負荷低減技術の確立

・授乳期の母豚の飼料給与方法の検討や消化酵素やアミノ酸の添加による糞の排泄量調査等を行い、生産性の向上や環境の負荷の軽減を図る。

畜産研
県単経常
平15〜17

 動物質飼料に依存しない高泌乳牛の飼養管理技術の確立

・BSE発生に伴う動物質飼料以外の飼料給与技術を確立するため、魚粉に代わる良質な蛋白質飼料を用いて高泌乳と窒素排せつ量の低減を両立する新たな配合飼料を開発する。

畜産研
県単経常
平16〜18
 飼料成分の簡易分析法の確立

・畜産農家は、飼料成分の変動幅の大きな保証値や標準値を用いて、飼料設計を行っているが、より高精度な飼料設計が求められている。このため、普及センターで測定可能な簡易分析法を確立することにより飼養管理の向上を図る。
畜産研

 (2)自給飼料の安定生産・給与技術の開発
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
県単特別
平15〜18

 良質粗飼料を用いた高品質牛肉生産技術の確立

・黒毛和牛の高品質生産と良質発酵粗飼料の利用率向上を図るため、生産が拡大している稲発酵粗飼料の品質向上と、稲発酵粗飼料が肉質に与える影響等を解明し、給与技術を確立する。

畜産研、基盤研究部
国委託
平16〜17
 飼料イネの特性を活かした地域資源活用型の飼料給与技術の開発

・今後普及が見込まれる早生の飼料イネの飼料特性の解明や、それらを主要な粗飼料源とするTMRに食品製造副産物等を組み入れた給与技術を開発するとともに当県におけるTMRセンターの設置要件を提示する。
畜産研

8 食品産業振興のための技術開発
 (1)消費者ニ−ズに基づく県産農産物の高付加価値化加工技術の開発
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
国委託
平13〜16
 低アミロース米のライスクラッカー利用技術 
・県や国で開発された低アミロース米(もちとうるちの中間の性質の米)につ いて、軽い食感など新しい米菓の開発に適した加工技術を確立する。
食品研
県単経常
平14〜16
 農産物の性状把握と利用拡大技術の開発 

・米、大豆等の県内利用を促進するため、菓子、麺類、新規食品・加工品の開 発技術を確立する。

食品研
県単特別
平15〜17
 米消費拡大に向けた製粉技術改善と新規加工食品の開発 

・米の消費拡大を図るため、米パンは製品コスト低減と加工性の改善を図るとともに、野菜入り米粉末粥の地場産農産物を活用した新製品の開発行う。また、米飯ではマーケティング手法を踏まえた新たな加工技術を開発する。

食品研
国補事業
平16〜18
 県産大豆を利用した豆腐の高品質安定製造技術の確立

・県産大豆は原料性状に大きな変動があることから、成分や性状を踏まえて安定した高品質豆腐製造条件を確立するとともに、当県産原料を活かした独自の良食味豆腐製品を輩出し、大豆の需要拡大と業界振興を図る。
食品研

 (2)高度先端技術利用による新規加工システムの開発
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
県単経常
平15〜17

 農産物の高度化加工技術の開発

・県産農産物の地産地消を促進するため、微生物、酵素によるフルーティーな香りの漬物、うま味の強い発酵調味料の開発など高付加価値化の新規加工技術を開発する。

食品研

 (3)農産物の消費拡大を目指した新規食品素材の開発
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
県単特別
平14〜16

 米糠の有効利用技術の開発 

・県内で大量に排出される米糠を資源として利用するために、米糠を原料とし た生分解性プラスチック原料(乳酸)の大量生産法や含まれる抗菌性物質を利用 した食品素材を開発する。

食品研
県単特別
平15〜17

 県特産農産物の機能性成分の探索と利用食品の開発

・県産農産物の高付加価値化を図るため、ナス、ゴボウ等の特産農産物から機能性成分を抽出し、ポリフェノール成分利用食品及び血糖値上昇抑制効果を有する食品を開発する。

食品研

  連携研究
 (1)他部局との連携研究
財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
県単特別
平14〜16

 山菜等有望特産作物の生育特性解明と生産システムの開発 

・地域に自生する未利用山菜類を活用し、中山間地向けの新規特産品として創出するための生産システムを確立する。

中山間地農技、基盤研究部、食品研、高冷地農技、(森林研)
県単特別
平14〜18

 発酵技術を利用した新食品の開発 

・紅藻類の機能成分を利用した新しい各種食品の試作と保存技術を開発する。

(水海研)、食品研

 (2)競争的資金活用産学官連携研究

財源区分
及び
実施年度
研究課題名及びその内容 担当部署
公募型
平15〜17

 水田からのメタン発生制御技術の定量的評価
〜より高品質で地球環境にも優しい水稲水管理手法の確立〜

・水田から発生する温室効果ガスであるメタンガスの発生抑制には、中干し、溝切りの徹底など、土壌を酸化的に保つことが必要であることが明らかにされている。メタンガスの発生を抑制しながら水稲の後期栄養を確保する水管理手法を確立し、高品質米の生産と地球環境に優しい水田農業の両立を図る。

基盤研究部
(農環研)

凡例)
企画情報部 = 農業総合研究所企画情報部
基盤研究部 = 農業総合研究所基盤研究部
バイオ研究部 = 農業総合研究所アグリ・フーズバイオ研究部 
作物研 = 農業総合研究所作物研究センター
園芸研 = 農業総合研究所園芸研究センター
畜産研 = 農業総合研究所畜産研究センター
食品研 = 農業総合研究所食品研究センター
高冷地農技 = 農業総合研究所高冷地農業技術センター
中山間農技 = 農業総合研究所中山間地農業技術センター
佐渡農技 = 農業総合研究所佐渡農業技術センター

トップページにもどる